電柱いちご発見

strawberry.jpg
店舗前の駐車スペースがせまいため、お客様には日頃ご迷惑をおかけしております。斉藤医院の向かい側にある住吉駐車場にもスペースを確保しておりますので、店舗前がふさがっている場合は、どうぞそちらもご利用ください。駐車場入口の電柱の根元では、この季節、いちごが皆様をお迎えしております。小さな白い花も可愛く咲いております。(2015.6.28)

山形のおもてなし民謡

昭和46年の発売以来、看板商品としてご愛顧をいただいております「あがらしゃれ」。この菓子を民謡銘菓と呼んでおりますが、民謡「あがらしゃれ」ほど山形県民のお・も・て・な・しの気持ちを率直に歌ったものはないと思います。

たんと呑んでくりょ
なにもないけど
あがしゃれのサムネール画像
わしの気持ちが酒の肴
アリャ呑め ソリャ呑め

つまみがないとなぁ・・・と言う方にはちょっと強引なおもてなしかも知れません。
お菓子には、やや控えめに日本酒をきかせてありますが、下戸の方でも安心してお召し上がりいただけます。(2015.6.17)


鷹羽狩行氏 日本芸術院賞受賞おめでとうございます

ajisainomari好評をいただいております「あぢさゐの毬」ですが、その商品名の由来となった俳句が、鷹羽狩行氏の詠まれた「あぢさゐの毬のはらから うからかな」でございます。「はらから」は、親・兄弟、「うから」は、親しい人の意だそうです。小さな花びらが仲良く寄り添って、ふわりと大きく咲いた、あじさいの花の美しい佇まいが浮かんできます。
このたび、鷹羽先生が日本芸術院賞を受賞なさいました。おめでとうございます。(2015.6.18)

点と線と陸羽西線

松本清張ファンでなくても「点と線」という推理小説のタイトルを聞いた方は多いと思います。実はこの中にわが町「新庄」が登場するのをご存知でしょうか。推理小説ですので、詳しくは申しません。もったいぶるようですが。

「点と線」の発端となる舞台は九州に譲りましたが、清張が時刻表を眺めつつ、ふと「陸羽西線、新庄」という駅名に目をとめ、しばし東北の町で起こる事件やトリックを構想したのでは、と推理いたします。

 

きょぼく(巨木)パイが茶道家元賞を受賞しました

本年、広島で開催された第26回全国菓子大博覧会において、当舗の出品した『きょぼく(巨木)パイ』が、茶道家元賞を受賞いたしました。アーモンドクリームを、パイ生地とメープルクッキーでサンドした、香ばしさあふれる焼き菓子です。ぜひ、お試しください。

もち肌の秘密

もちもちシュー

 

 

 

この度、新発売の「もちもちシュー」の
ご紹介です。もちもちっとしたシュー皮が早くも大反響です。もちもちの秘密は、ぜひみなさんでお召し上がりになって探って下さい。バニラとチョコの2種類です。ただいま期間限定特価1個100円です。

銘菓のページ

新庄の菓匠 たかはし 自慢の銘菓たち