営業時間変更のお知らせ

日頃のご愛顧誠にありがとうございます。
2018年12月1日より、店の営業時間を午前8:00-午後6:30といたします。
ご不便をおかけしますが、ご理解を頂けますよう、お願い申し上げます。

サライに「くじら餅」

当舗の「くじら餅」が、雑誌「サライ」のweb版に紹介されております。
青森県の「鯨餅」と食べ比べた、とっても詳しい内容です。ぜひご一読を。

どうぞこちらからご覧ください。

 

新庄まつり ユネスコ無形文化遺産に登録

 宝暦6年(1756)より260年続けられてきた新庄まつり。絢爛豪華な山車行列が、このたびユネスコ無形文化遺産として登録されました。
てんびら.JPG
 
 毎年8月24日、「チェレンコヤァッサ」の掛け声、お囃子とと
もに、祭りの興奮がやってきます。24日の宵まつり、25日の本まつり、26日の後まつり。山車と囃子の晴れ舞台。豊作を祈る心に始まり、市民が主役となって伝統をつないでゆく、まつりは新庄の誇りです。

 当舗のまつり銘菓もぜひご賞味ください。「てんびら」は、まつりの華、お囃子方が使う鉦(かね)を模したお菓子です。ココアサブレの香ばしさとサンドしたブルーベリージャムの相性が素晴らしい焼き菓子です。囃子の人気は近年ものすごいことになっています。そのカッコよさはぜひ祭りの当日に味わっていただきたいです。毎晩、気合の入った囃子の練習が聞こえてきます。新庄の夏の夜の醍醐味です。こうやって祭りへの興奮が増していく、しみじみと新庄人であることを実感するわけです。

点と線と陸羽西線

松本清張ファンでなくても「点と線」という推理小説のタイトルを聞いた方は多いと思います。実はこの中にわが町「新庄」が登場するのをご存知でしょうか。推理小説ですので、詳しくは申しません。もったいぶるようですが。

「点と線」の発端となる舞台は九州に譲りましたが、清張が時刻表を眺めつつ、ふと「陸羽西線、新庄」という駅名に目をとめ、しばし東北の町で起こる事件やトリックを構想したのでは、と推理いたします。

 

きょぼく(巨木)パイが茶道家元賞を受賞しました

本年、広島で開催された第26回全国菓子大博覧会において、当舗の出品した『きょぼく(巨木)パイ』が、茶道家元賞を受賞いたしました。アーモンドクリームを、パイ生地とメープルクッキーでサンドした、香ばしさあふれる焼き菓子です。ぜひ、お試しください。

もち肌の秘密

もちもちシュー

 

 

 

この度、新発売の「もちもちシュー」の
ご紹介です。もちもちっとしたシュー皮が早くも大反響です。もちもちの秘密は、ぜひみなさんでお召し上がりになって探って下さい。バニラとチョコの2種類です。ただいま期間限定特価1個100円です。

銘菓のページ

新庄の菓匠 たかはし 自慢の銘菓たち