商品紹介


やきちょこ (640x427).jpg
kuro&g.jpgのサムネール画像
新庄ばやし
焼きチョコ最中
昭和41年(1966年)の発売以来、皆さまのご愛顧をいただく「新庄ばやし」をアレンジした新商品です。焦がしの最中の香ばしい風味を失わないように、チョコレートを吟味した職人の技です。ライスシードのサクサクとした食感が、これまた最中の食感と共鳴します。
一年を通して、常温保存できるチョコレート菓子です。




グルノーブルと
クロカント
当舗の菓子職人に受け継がれ
て数十年、ヨーロッパの伝統菓
子です。基本に忠実に丁寧に
作りますので、少し時間がかか
り、たくさんは作りません。「グ
ルノーブル」はくるみをビスケッ
ト生地で包んだ焼き菓子です。
「クロカント」は、シナモン風味
のスポンジとアーモンド、ビスケ
ットの層をチョコレートで囲んだ
お菓子です。

新庄の花あじさい餅 
(しんじょうのはなあじさいもち)
しっとりと練り上げた求肥(ぎゅ
あじさいもち
うひ)に、香ばしい焦がしきな粉をまぶしました。あっさりとした白砂糖味と、コクのあるごま味の2種類がございます。お子さんから大人まで、人気の味です。全国菓子博では、最高賞である橘花栄光章をいただきました。





巨木パイ巨木パイ(きょぼくパイ)
新庄・最上(もがみ)地方は巨木(きょぼく)の宝庫です。2000年に林野庁が選定した「森の巨人たち百選」には最上地方の巨木3本が選出されています。総面積の8割が森林という、大自然に恵まれた最上地方は、まさに巨木の里なのです。そんな森のめぐみをお菓子にしたのが「巨木パイ」。メープル味に焼き上げたやわらかパイは、ひとくちごとに森の香りが広がっていきます。



あがしゃれあがらしゃれ
「全国銘菓図鑑」にも紹介されている民謡銘菓です。発売から40年以上になりますが根強い人気のお菓子です。白あんにほんのりと日本酒をきかせ、薄皮で包んで焼きました。「あがらしゃれ」は、最上地方の方言で「おあがりなさい」という意味です。




まつり田楽まつり田楽
(まつりでんがく)

ゆべし生地にごまやくるみをたっぷりと練りこみ、田楽風にみそ味に仕上げました。ちょっぴり加えた唐辛子が味のアクセント。串に刺してあるので、大変食べやすく、まるで峠の茶屋で、田楽を食べている気分になれます。









てんびらてんびら
250年余の歴史を持つ新庄まつりに、なくてはならない囃子(はやし)。その鉦(かね)は「てんびら」と呼ばれます。ココアサブレをてんびらに見立て、ブルーベリージャムをサンドしました。サクサクのサブレ生地とさわやかなブルーベリーの香り。「てんびら」のあるお茶の時間は、まつり談義に花が咲くひとときです。





あじさいせんべい新庄の花あじさい
新庄を代表する銘菓として、お土産やお茶置にと広くお客様よりご愛顧いただいております。

平成14年(2002年)
全国菓子大博覧会で名誉総裁賞受賞。

詳しくは、新庄の花あじさいページをごらんください。
くじらもち



くじら餅

みちのく、山形を代表する伝統名菓「くじら餅」。
江戸時代より、新庄・最上地方で、ひなまつりのごちそうとして各家庭で作られてきました。

商品に関する詳しい説明は、くじらもちページをごらんください。









新庄の菓匠 たかはし 自慢の銘菓たち