点と線と陸羽西線

松本清張ファンでなくても「点と線」という推理小説のタイトルを聞いた方は多いと思います。実はこの中にわが町「新庄」が登場するのをご存知でしょうか。推理小説ですので、詳しくは申しません。もったいぶるようですが。

「点と線」の発端となる舞台は九州に譲りましたが、清張が時刻表を眺めつつ、ふと「陸羽西線、新庄」という駅名に目をとめ、しばし東北の町で起こる事件やトリックを構想したのでは、と推理いたします。